読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女のチラシ裏

チラシの裏にでも書いとけ!というようなどうでもいい話。

介護離職

社会

介護離職のニュースをみて、不憫に思ってしまった。

一昔前は、大企業に勤めると将来安泰だと言われていた。

 

それが現代では大企業すらアテにできない。


うちの父も50を過ぎてリストラをされた。

父は幸いにも多くの資格を持っていたことや、特殊な仕事を長年していたため、再就職することができた。

しかしこれまでのような仕事内容ではなく、遠方での仕事。

希望の仕事ではないものの、定年までの仕事が見つかっただけでもいい方なのではないだろうか?

 

最近は『介護離職』という言葉を耳にすることが増えた。

これは親の介護をしなければならずに、会社を離職するものの、親の死後や介護終了後に再就職したくとも、仕事が見つからないといったものだ。

 

ちょうどうちの父世代くらいに多いようで、この世代の人たちは大企業こそ安泰。

会社で長く勤めていることがいいことだと、学んだ時代なのではないだろうか?

 

将来・先のことは本当に何があるかわからない。

私は会社勤めをせずに、自分で仕事をして生きることに重きを置いている。

 

その理由として、なるべくであれば文句を垂れるのをやめたいと思っている。

文句があるのであれば、やめればいいと思う。

だから先を予想して、様々な起こりうるであろう事柄を常々考えている。

 

あたしがこれまでに予想したことは下記。

 

・信頼できない人や、気に入らない人とかかわると文句や愚痴がでるから、なるべくなら関わりたくない。

・どの職場へ勤めても、おそらく文句や愚痴がでるから会社勤めはしない。

・給料は人に決められたくないから、自分で何かをする。

・自分の時間、家族との時間を確保したいから、自分で何かをする。

・環境や経済、誰かや何かに影響をされる仕事をしたくないから、最悪1人でもできる仕事をする。

・そもそも自由でありたい。

 

世間から見たら、クズだと思われるかもしれない。

しかし実際、会社勤めで経験をどんなに積んでも、介護離職のように身内に何かがあって介護をしなければならない場合や、自分や家族に何かある場合も想定される。

そのときに自分で生きていく術というものは、非常に強いと私は思うのだ。