読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女のチラシ裏

チラシの裏にでも書いとけ!というようなどうでもいい話。

読書の秋。芥川賞を目指すべく、小説をバコバコと書き始める。

日常

 

皆様ごきげんよう。

読書の秋、文芸家のだらりんです。

 

一昨日くらいから文芸家になった私は、芥川賞を目指すべく、文學界新人賞に応募する為の小説をバコバコと書いていた。

 

ほんで二日かけて書き上げた100%自己満の81ページにのぼる短編小説を、一日かけてもwordに変換することができず、苛々している。

 

このパソコンにはofficeが入っていないので、原稿フリーソフトをダウンロードしてそれを使って書いた。

だがしかし、書き終えたあとにwordに変換できないことに気が付いた。

仕方なくkingsoftのワードを購入することになり、これは何が何でも芥川賞を狙いに行きたいところである。

スポンサーリンク

 

小説は以前から1度くらいは応募してみたいと思っていて、今回その小さな夢を実現した自分を褒めたい。

ちなみに、これまでそういった小説を書いたことは1度もない。

如何せん一昨日から文芸家になった者で。

 

来年はべっこう眼鏡をかけ、先生と呼ばれている予定。


さて、明日の研修の準備しよっと。