読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女のチラシ裏

チラシの裏にでも書いとけ!というようなどうでもいい話。

はじめてのホワイト企業

 

職場がホワイト企業すぎて驚いている。

私が今まで働いてきた職場は、残業代がでない・家族は関係ない・有給はできれば使うな・劣悪な人間関係・給与が安いだった。

 

でも仕事だから多少の我慢は必要で、それが普通だと思っていたし、ホワイト企業で働いている人というのは、高学歴で育ちがいい人というイメージがあって、自分のような学歴も何もない人間には無縁だと思っていた。

怒鳴られたり、嫌味にも耐えるしかなかったし、自分が勉強してこなかったから自業自得だと思っていた。

 

しかし今の職場はスマートな方ばかりで、皆さん家族をとても大切にしていて、家族のために一生懸命働いている素敵な方ばかり。

私は一生懸命働く人が好きで、ごちゃごちゃうるさい人や感情的な人が苦手。

今までは失礼だが、女の子のことしか考えていない人や、モテたい願望が強い人など私の苦手なタイプの方が沢山いた。

まずはアンタ、仕事に集中しなさいよ・・・みたいなね。笑

仕事頑張れない人が、女の子を幸せになんてできないでしょ・・・笑

いろんな人がいるからそれが悪いとは思わないが、自分とは合わなかった。

 

今の職場では皆さん高給取りで、いい家に住んで、いい車に乗って、とても穏やかな方が多い。

環境がそうさせている部分も少なからずあるかもしれないが、人間性の高さが伝わり、当然の結果だなと思った。

ああ、こういう人がヒエラルキーの上にいるんだなと納得したし、自分に足りない部分や、今までの出来事は自分が蒔いた種(態度、喋り方、言い回し、感情的)の結果だったんだなということを感じた。

皆さん自分のことだけでなく、周りのことも考えているのがよく伝わる。

相手の立場、相手の気持ちで物事を見てくれているから、私も何かしたいと思うし、頑張らないとという気持ちになる。

こういう人と過ごして、自分の未熟さが浮き彫りになり、とても恥ずかしいことだから気をつけようと思うようになった。

 

私も少し人間的に変われそうな気がする!

さあああて、今日もがんばるか(´∀`艸)♡