三十路女のチラシ裏

チラシの裏にでも書いとけ!というようなどうでもいい話。

ゴミみたいな車でもお金になる話

もうすぐ車税の時期。
その前に車の処分をしようと思っていた。

車の処分をするのは今回で3度目。

15年以上落ちのマイナーな車で、欲しい人は見つからないだろうと思っていたが、そんな車でもお金になるのだという話を書いていきたい。

査定

今回車を手放すにあたって、2つの選択肢があった。
1つ目が査定に出して買い取ってもらうか、2つ目が鉄くずとして処分するか。

鉄くずとして処分をすれば、8~10万円になると友人に聞きつけ、まずは事故車や自走不能などんな車でも買い取ってくれる全国対応【廃車本舗】 廃車に見積もりを出した。

その結果、買取価格は1万5千円
前に10年落ちの錆がひどいワゴンRを買い取ってもらったことがあったが、そのときは2千円だった。

別の友人に聞くと、昔は8~10万円で鉄くずとして買取してくれていたみたいなのだが、今は鉄くずとして処分する場合、1~3万円が相場らしい。

今回の車は古いと言えど、外観も綺麗だし、まだまだ走れる。

もう少しなんとかならないかと、鉄くず処分は一旦保留にし、次はガリバー に査定依頼をした。
ガリバーでは買取価格5万円。

お!いいじゃんと思ったものの、欲にたけていた私は、もう少しどうにかならないかとジモティーに出品をしてみた。

ジモティーでの買取

ジモティーに10万円で出してみたところ、なんと希望額の10万円で決まった。
それもわりと早い段階で。

ジモティーで車を売買するのは2度目。
ジモティーは個人間売買なので、面倒なこともあるが、高い費用で売りたい人にはおすすめ。

そんなジモティーで車を売るメリット、デメリットについて。

メリット

  • 高く売れる
    一番のメリットは、やはり高く売れること。

デメリット

  • 現車確認や、やり取りを自分でしなければならない
    購入希望者とのやり取りを全部自分でしなければならない。

  • 変な人もいる
    1度目の売買のとき、面倒な人が購入して、対応がかなり大変だった。
    あまりに大変すぎて、友人に対応依頼をしたほど。
    他にも現車確認に来た人で、非常識な人もいた。

  • 手続きを自分でやらなければならない
    名義変更の手続きを自分でやらなければならない。
    これがかなり面倒。

結果

前回のジモティーでの売買で、恐怖を感じていた私は、今回もジモティーで売買をすることに不安もあったが、高く売りたい一心で、ジモティーでの売買を決めた。

運よく今回はかなり良い人に成約。
現車確認から手続きまでスムーズに進んだ。

こんな車でもお金になるんだと3度の売買を経験して思ったので、車の処分を検討している人は是非参考にしてほしい。

高く売りたいならジモティー。
面倒になりたくないのなら、ガリバー 廃車 がおすすめ。

お題「今日の出来事」